標準体重とダイエットについて

肥満体型とは、身長から算出される標準体重を大幅に超えている状態のことであり、健康維持の観点からも痩せる必要がある状態です。標準体重であれば、最も病気になりづらい健康的な体重と言われているので、常に意識しておきたい数値です。

自分の体が、標準体重から見た時に多すぎるか、少なすぎるか知ることは、健康増進の指標になります。もしも、標準体重よりも多すぎたり、少なすぎたりする場合は、標準体重におさまるような取組をするといいでしょう。

減らすばかりが体重調整ではありません。もし体重が少なすぎるなら、健康的に体重を増やすことも必要です。ダイエットといえば、食事の内容を見直して、食べる量を控えることが通常行われている方法です。

積極的に運動をしたり、規則正しい食習慣を身につけたり、健康にいい生活をすることが、ダイエットの役に立ちます。健康的に体重を減らすには、栄養バランスの取れた食事を規則正しく摂り、適度な運動も合わせて行うことが大切です。お酒は食欲を高めますし、お酒自体が高カロリーメニューですので、飲酒の習慣がある人は、機会を減らすようにしましょう。

朝ご飯はしっかりと食べて、夕飯は軽いもので済ませることや、間食はやめて、甘味は控え目にすることです。夜にカロリーの多い食事をすると、体内で使い切れないうちに寝てしまうことになるため、余剰分は脂肪にります。

極端な食事制限をするのではなく、普段から標準体重を意識して、食事の改善や適度な運動を続けることが、健康的なダイエットにつながります。毎日の食事はとても大事で栄養が不足すれば肌トラブルにもなるでしょうし、乾燥してシワなどにも影響してきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です