標準の体重と自分の理想

多くの人が、自分の身長に対して標準体重が何㎏なのかということを、計算して比較してみた経験があるでしょう。自身の体重と比べた時に、標準体重はどのくらいか、興味があるという人はたくさんいます。

もしも、比較してみたときに標準体重に対して、自分の体重と大幅な差がある場合は、何か対策をとったほうがいいのでしょうか。自分の体重が標準体重の範囲内におさまっていればいいですが、大幅にずれていたら、ダイエットをしたほうがいいでしょう。

また、体重が標準体重に近くすることができていればプロポーションはよいものかといえば、必ずしもそうではありません。なせなら、同じ体重の人であっても、筋肉が多い人もいれば脂肪が多い人もいるので、見た目の体型には大きな差が生じるからです。

日本では、きれいになりたい若い女性は、痩せることをとにかく重視する人が多いため、体重の増減が話題になりがちです。日本では、女性は痩せているほうが美しいという考え方が長年にわたって浸透しており、そのせいでダイエットのしすぎで体の具合を悪くしてしまうという女性が少なくありません。

体重だけに一喜一憂するのではなく、外見や健康もトータルで見た時にきれいだという印象を人から持ってもらうためには、まず健康な体になることが重要といえます。大まかに、標準体重から誤差10㎏以内という人であれば、外見的にも、健康維持の面でも、問題はないといえるでしょう。

スーパーで豚肉や牛肉を買う時に容易に実感できることですが、肉を1㎏減らすと考えると、結構な肉の量になってしまいます。標準体重はあくまで参考程度の値と考えて、自分にとって理想の体重を目標として、日々の健康管理を行うことをおすすめします。