健康診断で肥満だと指摘されたら

定期的な健康診断で太りすぎや肥満と言われる人も少なくありません。肥満は身体の脂肪組織の量が正常とされる値よりも増えている状態のことをいいます。肥満だと診断された人は、体重の多さだけが問題視されるのではなくて、健康維持が難しい状態にあることを理解しましょう。体重が多くても、肥満とは言い難い体型をしている人もいます。

運動を趣味にしているような人で、筋肉がたくさん体についているような人です。骨格が細くて筋肉の少ない人だと、体重はそれほどなくても、脂肪の量が多くて太りすぎとなる場合もあります。皮下脂肪が多く肥満体型になる人よりは、内臓脂肪が多くて肥満体型になる人のほうが、健康を阻害する恐れが大きいようです。

年齢がまだ若くて特に病気をしてない健康な人は、殆どの場合において体重は標準に近いものとなっています。若いときの体重が標準の体重よりも少なくて、現在は標準体重並だと、現時点が太りすぎの可能性もあります。ホルモンの異常や、遺伝が原因で肥満になってしまうこともありますが、多くの場合はカロリー過多な食事や、運動のしなさすぎによる単純性肥満です。

もしも、カロリーの摂りすぎや、運動量の少なさからの単純性肥満なら、生活内容の見直しで体型を変えられますし、健康維持にも努められます。痩せるには摂取カロリーを減らして適度な運動をすることが一番ですが、摂取カロリーを減らすときも栄養のバランスを考えながら減らすことが大切です。もしも肥満体型だと判明しても、すぐに深刻な病気になるわけではないですが、将来のためにも肥満体質は改善をしたいものです。