体重が女性の健康に及ぼす影響

多くの女性にとって、スリムな体型を手に入れることは非常に大きな関心事となっていることでしょう。身長に見合う体重を維持することは、外見的な意味だけではなく、健康維持にも重要な役割を担っています。ただし、いくら痩せたいといっても、ダイエットのしすぎは体調を壊し、見た目も悪くなることがあります。極端に痩せたり、極端に太ったりすることは、人体にとって負担になりますので、極端な体型変化がないようにしましょう。

生活習慣病を予防するためにも、適度な運動や、健康的な生活リズム、健康に配慮した栄養バランスのとれた食事を意識するようにしたいものです。スリムなボディになりたいという女性は多いですが、あまり体重が少なすぎると、体にはマイナスにしかなりません。極端なダイエットによって体重を落とした女性が、痩せたのをきっかけに毎月の生理が不順になってしまうことさえあるからです。

努力のかいあって、憧れのスリムボディになることができたとしても、女性にとっては生理がとまってしまうというのはとてもショックです。急激に体重が減ると、体温維持機能が下がってしまうため、具合を悪くする機会が多くなってしまい、体が虚弱状態になってしまいます。体温維持がうまくいかなくなると、風邪を頻繁に引いたり、四肢のむくみや冷えがひどくなったりと、不快症状が現れるようになります。

痩せればきれいになれると考えている人がいますが、必ずしもそうとは限りません。皮下脂肪が多すぎても困りますが、体にバランスよく筋肉がついていないと、たるみ解消になりません。体重は減らしたいという場合でも、ある程度は筋肉が体に残るようにして、健康維持にも配慮することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です