肥満のさまざまな原因とその改善方法

肥満体型になる主な理由は、使うカロリーより、食事等で得るカロリーのほうが多いことが挙げられます。消費カロリーに比べて摂取カロリーがオーバーしている状態を引き起こす原因には様々なものがあります。肥満体型で困っている人の場合、多くが過剰な食事をしてしまって、カロリーオーバーになってしまっています。

例えば、健康状態に問題がある気もしないし、一日の活動量も人並みに動いているつもりでも、食べる量が多ければ、肥満になる場合があります。体を維持するための食事はするべきですが、楽しみのための食事はほどほどにする必要があります。年齢を重ねると代謝が下がり、一日に消費するカロリー量が少なくなるため、年をとっても若いままの食事量でいると、肥満になっていきます。肥満のリスクがある人として、便秘体質の人は要注意だといいます。

人間の体は本来、不必要なものは体の外に排出するようにできていますが、この働きがスムースでないと肥満の原因になり得ます。食べたものは、小腸に送り込まれ、小腸の内壁から栄養成分を吸収します。しかしいつまでも腸にものが残っていると、どんどん栄養を吸収します。

大腸に長時間便が留まっていると、どんどん水分が抜かれていってカチカチに固くなり、腸内で押し出されにくくなります。お通じをよくするには、便秘改善にいい食事をとることや、食物繊維を含む食べ物を意識して摂取することです。肥満対策には、便秘の症状改善が効果的です。そのためには、食物繊維の多い食事をすることや、腸内環境を改善することなどが有効だといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です