リバウンドの原因と筋肉量について

リバウンドが起きたことで、ダイエットで減らした分の体重がまた増えてしまったという人がいます。リバウンドの原因を正しく認識することで、リバウンドが起きにくいダイエットをすることができます。ダイエットに関係が無いように思える筋肉ですが、リバウンドしないためには筋肉量を意識する必要があります。

体に蓄積されている脂肪は、食事の量が少ない時などに、予備のエネルギーとして燃やして使ってしまうことができます。エネルギー供給が滞った場合や、一度に大量のエネルギーを必要としている時には、体脂肪を燃やしてエネルギーを得ます。もしも、体内に留められている脂肪を燃やさないと生命維持のエネルギーが確保できない状態になった時には、筋肉も消費されます。基礎代謝を高めるには、筋肉を増やすことが重要です。

筋肉が衰えると、カロリーを燃やしてエネルギーに変える機能自体も弱くなってしまうのです。ダイエットの効率が低下する要因として、筋肉が減ったことで基礎代謝の低い体になり、脂肪が燃えにくくなることがあります。筋肉量が落ちた体の状態で、食事制限をやめて元の食生活に戻ってしまうと、同じ量を食べているのに消費できるカロリーが少なくなり、リバウンドの原因となってしまいます。

ダイエット後にリバウンドするのは、食事制限で筋肉が減ったことが原因です。それなら、筋肉が減らないようにダイエットをする必要があります。ダイエットをした後に反動によるリバウンドが発生しないようにするには、食事制限をする時には筋トレをして筋肉増強に励むようにすることです。

減らした体重を一過性のものにしないために、リバウンドの原因である筋肉低下を運動によって予防し、基礎代謝が下がりすぎないように心がけながらダイエットをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です